国破れて山河在り | 柏市周辺の不動産をお探しなら株式会社京葉恒産にお任せ下さい。

株式会社京葉恒産

04-7166-8686

営業時間9:30~18:00定休日水曜日

日記
国破れて山河在り

『国破れて山河在り、城春にして草木深し』

 

中国の詩人、杜甫の「春望」の一節です。

 

松尾芭蕉は、

 

『国破れて山河在り、城春にして草青見たり』

 

と詠みました。

 

どちらも意味は、

「人の世とは関係なく営みを続ける自然」

を表しています。

 

先日、売却依頼を受けた物件の庭先に桜の老木を見つけました。

世の中は新型コロナウィルスの影響で自粛ムード一色。

殺伐とした雰囲気の中で、

桜の老木の、その細い枝先にはしっかりと春がやってきておりました。

 

自然って凄いですね!

 

物件写真を撮りながら、ふと冒頭の詩が頭に浮かびました。


 

早く収束してほしいなぁ。

 

 

T中でした!


 

不動産のグローバルマネジメント

株式会社京葉恒産

 

投稿日:2020/03/17   投稿者:-