宗教とは? | 柏市周辺の不動産をお探しなら株式会社京葉恒産にお任せ下さい。

株式会社京葉恒産

04-7166-8686

営業時間9:30~18:00 定休日水曜日

総物件数91
2018/08/18 16:38更新
日記
宗教とは?

最近、世界中で宗教の名を借りてテロが発生しています。

テロの語源はフランス語のテルール=恐怖政治

イスラム教とキリスト教の争いは中世の十字軍派兵まで遡ります。

う~ん、イスラム教って身近に存在しないので本当はどんな宗教なんでしょう?

イスラム教もキリスト教も、宗教は人を幸せにする、導くものなのでは?

疑問が残る事ばかりです。

 

 

日本の宗教と言えば仏教ですが、

仏教の基本概念に『業』というものがあります。

サンスクリット語では『カルマ』といい、意味は『行為そのもの』だとか。

業そのものは善悪によって果報を生じ、死によっても失われず、輪廻転生に伴って、、、、、、

う~ん、なんか難しい。

簡単に言うと『因果応報』なんでしょうか?

 

で、因果応報とは、

三省堂「新明解四字熟語辞典」によると、、、

 

『人はよい行いをすれば良い報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるという事。

もと仏教語。行為の善悪に応じて、その報いがある事。現在では悪い方に用いられる事が多い。

「因」は因縁の意で、原因の事。「果」は果報の意で、原因によって生じた結果や報いのこと』

 

との事。

なんと、良い時にも使える言葉でした。

『果報は寝て待て』の果報ですね。

どうせなら良い事にばかり使える様に生きていきたいですね。

 

ちなみに、、、

因果応報により悪い結果が生じた際はそれを

 

『自業自得』

 

と言うそうです。

 

う~ん、奥が深い。

宗教って意外と身近に関係してるんですね。

投稿日:2016/07/04   投稿者:-